日本語のホ-ム

プロジェクトの想い

47農家プロジェクトで、3年半に渡って、全都道府県へ行って、有機農家の人々と話したり、ファームステイ をしたりして、日本の有機農業を検討してみたいと思います。日本大震災の後で、放射線が日本の食料と水道にはいた恐れがあります。また日本の消費者や農家の人々が日本の復興と全国の将来について考えているに従って、日本の政治家はTPPに入るかどうか議論していますが、ある農家の人々がTPPは日本の農業産業に悪い影響を与えるのではないか心配しています。このように農業に関する課題が取り上げられています。
この中で、全国の小さい有機農家の共同体は有機食料を生産したり、自然農法を使ったり、環境守り、エネルギを節約する生活を実施しています。

日本語の報告

  1. 兵庫県 (11月14日2011年)
  2. 三重県 (11.24.2011)
  3. 山梨県 (11.27.2011)
  4. 佐賀県 (12.29.2011)
  5. 東京都 (1.15.2012)
  6. 静岡県 (2.8.2012)
  7. 千葉県 (3.4.2012)
  8. 新潟県 (3.18.2012)
  9. 岐阜県 (4.10.2012)
  10. 富山県 (5.10.2012)
  11. 福井県 (5.14.2012)
  12. 東京都 (5.24.2012)
  13. 石川県 (6.11.2012)
  14. 神奈川県(6.23.2012)
  15. 埼玉県 (7.14.2012)
  16. 福島県 (8.25.2012)
  17. 京都府  (9。18.2012)
  18. 宮城県 (10.26.2012)
  19. 秋田県 (11.18.2012)
  20. 香川県 (11.28.2012)
  21. 栃木県 (1.20.2013)
  22. 高知県 (3.6.2013)
  23. 広島県 (5.10.2013)
  24. 山形県 (8.18.2013)

One Response to 日本語のホ-ム

  1. fujiwara akira says:

    確かに、日本の、農業を調べるには面白い方法だ。が、同時、日本の農業人口が危機的状況にあることも、理解しているだろう。たとえば日本には、無農薬や自然農法は古来からあるが、ユダヤのラビたちは、自然に取れたものしか、口にできないため、人口添加物は許されていないため、わざわざ、京都まで足をはこんでしらべられた.その製法にいたるまで、納得するまで、その上で、食料品の購入を決められた。もちろん、、アメリカ国内でも、少数のキリスト教コミューンによる、自給自足も、商品として販売しているところもあるが、数が限られている。クエーカー教徒のところも、調べられたようだ。だが、ビジネスライクなのは、日本だけだ。世界に散らばるユダヤ教徒はかんがえてもらいたいものだ。このままだと、ラビたちに提供する、食品の種類がすくなくなることを、日本の農業の崩壊を回避するには、農業を個人ではなく、機械化と会社化を認めるざるおえない。にもかかわらず、TPP参加に強く反対したのは、JA農協である。おそらく、リサーチャーはきずいたに違いない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s