山梨県 

11.27.2011

山梨県(私達の写真を見るために、リンクを押して下さい)

旅行の情報:

ホストファミリー:荻原さんとまりさん

所在地 :塩山、山梨県

旅行の期間3日、2泊 (11月25日から11月27日)

この旅行から学んだこと:
蔓草で害虫の攻撃を見分けること;日本の贅沢な果物の生産方法;日本のブドウについてのブドウ価格(例:日本で、ある贅沢なブドウ一把の値段は1、0000円ぐらいです!)
 
旅行の印象:

前の夜行バスの冒険と比べて、横浜から山梨までの2時間半の旅行はとても快適でした。11月25日の朝、私達は準備をして、電車の駅へ行きました。3回乗り換えた後で、塩山と言う町に到着しました。駅の外で、荻原さんの迎えを受けて、一緒に小さいミニバンで、荻原さんの家で短く休憩をとった後で、畑へ行きました。
 
山梨の農業についての印象:

荻原さんはブドウ30種類以上を生産しているので、私達の主な仕事は蔓草を植えるために古い蔓を外すことでした。9月の収穫の後で、荻原さんはその古い蔓の代わりに、もっと効果的な棚を使った方がいいと決めていました。その棚は山梨県の光と風を生かすして、使うと土地で水が溜まりません。最初の朝、わたしはピノーネと言うブドウの蔓を取り外してから、霜で甘くなったブドウを食べてみました。すごくおいしかったです。 昼に、私達は他のブドウの畑へ移動して、ビニールハウスに登って、ブドウは紫外線から守るために、タイベクと言うファブリックで屋根をおおいました。ビニールハウスの屋根に立つのは少し怖かったですが、景色がすばらしかったです。屋根から、富士山の峰を見られました。

目的がはっきり分かり、やりがいがある農業の仕事でしたから、とても満足していました。荻原さんのブドウや蔓草を巡る説明もとても面白かったです。彼の深い理解と手取り足取りな方法を見てから、感激しました。例えば、日本で売っているブドウの完璧な姿を風や雨から守るために、かく把の蔓草の回りに、「傘」と言う特別な 蝋紙で包まなければなりません。

荻原さんは、科学者として、有機農業の考え方を支持しないで、その方法は色々な有害物質の利用を許していると思っています。逆に、たくさんの一般的な農薬は生分解性で安全です。それで、荻原さんの見方では、普通の農業はもっと効果的だけではなく、有機運動は市場も消費者を洗脳するための策略だと思います。TPPについて、荻原さんの農業に関する感じでは、もし日本政府はTPPに入ったら、農家の人々の強い対抗に直面しなければなりません。しかし、日本の指導者らは今のTPPについての自由貿易交渉に参加出来れば、日本は協定の形に影響を受けられます。

漢字:

 
甲州は山梨県の古いなまえですが、面白いことは、甲州と言う地域の土着のブドウも生産しています。15年ぐらい前、酒造家は甲州で作った白ワイン はかなりおいしかったと発見してから、何年も実検した後で、国際舞台で、山梨県のワイン産地はだんだん高くされるようになりました。このごろ、その産地は白ワインだけではなく、様々なワインを生産していますが、そのブームは甲州のおいしさのおかげですから、その旅行の漢字は「甲州」です。
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s