岐阜県

Gifu Prefecture-岐阜県

(私達の写真を見るために、リンクを押して下さい)

所:飛騨古川と高山市

期間: 1泊2日―3月24―25日

旅行の印象:

Satoyama Experience のおかげで、私達は岐阜県で週末を過ごせました。飛騨古川で、400党がある牧畜所の経営者田中さんという飛騨県で有名で飛騨牛の生産者にインタビューをしました。

土曜日の朝バスで東京を出発して、きれいで果物産地の山梨県や長野県を通りました。昼ごはんの時ぐらい、スイスにある村のような飛騨古川と言う所に着きました。雪が降っていたうちに、歩き回って、地元の写真家の展覧会を見に行って、地元の人と話しました。夜に、田中さんと晩御飯を食べて、岐阜県の農業,特に飛騨の飛騨牛産業について話しました。私達の晩御飯は、いろいろな地元で生産して名物があって、一番目立ったのは焼いたほばの葉の上にあった手ずく理味噌と野菜の組み合わせでした。

日本の牛肉産業は、米国と比べて、非常に違う形があると思います。日本の野菜や果物農園のように、国の牧畜所は比較的小さい。贅沢な食べ物なので、和牛の生産はこだわらなければなりません。日本産神戸牛は世界中で有名ですが実は、和牛は神戸牛に限られていないので、飛騨牛、松坂牛、などは基本的に同じ肉の種類です。田中さんによると、先述の肉の種類は昔に同じ牛の共同体に来たので、全党は同じ遺伝子を共有しているだそうです。

日本に来る前に、ある友達は和牛は「スプンで食べられた牛肉」と描写しました。もしこれはおいしそうかどうか、一つの事は確かです。和牛は海外産牛肉と比べて、脂身が多いしもっと高いです。400党でいる牧畜所で、田中さんは牛肉専用牛を育っています。高い油量肉を維持するために、田中さんの牛はあまり運動をしないし、ベル以内に住んでいます。週に一回飛騨で開かれているオークションで東京や名古屋から来た企業家は800キロ牛に入札できます。

25年前、田中さんはノースダコタで特別の農業に関する交流の下で、5000エーカー牧畜所で1年間仕事をしていました。田中さんによると、牛に対する扱いは非常に個人的な話題ですが、日本の農家と米国の肉に対する態度はちょっと違うと言っていました。精神的で宗教的な違いで、米国で大勢な人は肉と人生や死亡との関係についてよく考えていますが日本でその関係がもっと隠れてされました。

田中さんは日本の農家の人に関する大切な区別を指摘しました。TPPという貿易協定について話していた時に、田中さんはTPPに大反対している人は専業農家というよりも兼業農家の人々だといっていました。その反対の理由は兼業農家の人々は自分の生産した農産物は家庭内利用のために使っているから貿易自由化を齎せる利益から裨益できないからだそうです。将来の市場に参入機会なので、田中さんとかれの知り合いは、TPPに賛成だといっていました。

日本で、兼業農家の割合が段々増えて来ました。飛騨と飛騨の周辺にも、900ぐらいの専業農家がいますが4100以上の兼業農家がいます。もっとたくさんの農家の人々がいれば、いるほど、日本の食料自給率が上がりますが全国の農業に関する政策と視野はもっと複雑になるかもしれません。 

感じ:

岐阜県で、兼業農家や専業農家の違いについて考え始めました。[兼業][専業]の違いは当たり前ですが、面白いことは、新聞かニュズによると日本の農家の人々は一つの声で歌えているそうです。実は、日本の農業関係者の中で、いろいろな大切な違いがあるので、包括的な農業政策をつくるために、そんな違いを認めるべきだと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s